ブースターローションの成分や効果について

ブースターローション 画像

ブースターローションとは一体どんな成分で、
効果はどんなもの
があるのでしょうか?
ブースターローションを使うことによって肌は
どう変わるのでしょう。
そしてスキンケアはどう変わっていくのでしょうか?
今回はブースターローションの成分や効果について
詳しく紹介します。

 

 

肌のpHをチェンジすることができる

 

通常肌はpH5〜6の弱酸性になっているのが通常です。
しかしブースターローションを使うことによりpH7〜7,5の
弱アルカリ性
に傾きます。
アルカリ性に傾いた肌は酸性物質を出すため、皮脂代謝を活発にします

 

肌にとってこの皮脂代謝は保湿成分になりますし、
化粧水や乳液の浸透が良くなります。
また弱アルカリ性はベビーの肌質と似ているので、柔らかく、
化粧水をぐんぐん浸透する肌になっているのです。

 

つまりブースターローションを使うことで、肌のpHコントロールができ、
そして次に使う化粧品アイテムの浸透をよくすることが
できるというわけです。

 

 

美容成分で作られています

ブースターローション 画像

 

ブースターローションは通常美容成分で作られており、ヒアルロン酸や
コラーゲンなどが中心となっています。
アロエベラエキスやゼニアオイエキス、低分子コラーゲンや
低分子ヒアルロン酸などが成分となっています。

 

その他、柔軟性を高める成分、美肌や細胞の活性化などを目的に
美容成分がたっぷり入っているブースターローションがありますから、
目的に応じたブースターローションを選ぶことができるんですよ。

 

 

ブースターローション、その効果とは?

ブースターローション 画像

 

結論から言ってしまうと、ブースターローションそのものには
効果はそれほどありません。
では使わなければいいのでは?と考えがちですが、
アイテムによってはブースターローションに美容成分が
たっぷり含まれることもあるので、あながち効果がないとは
言い切れません。

 

ただ、ブースターローションはお肌に美容成分を浸透させやすくする
という最大の効果を持っています。
つまりブースターローションを使った後のアイテムの浸透を
よくすることができます。
角質を柔らかくする効果があり、肌奥まで化粧水を浸透させることが
できるんですよ。

 

化粧水の浸透もよくしてくれますし、美容液の浸透も
スピーディに角質の奥まで届けてくれますから、
今使っているプチプラアイテムでもより一層しっとりとした肌
作り出すことができます。

 

もし今のスキンケアアイテムで満足している、だけれど
もう1つ何か欲しい、という場合、ブースターローションを
使ってみるとよいでしょう。
いつものスキンケアが大変クオリティの高いものとなるのです。