ブースターローションの使い方や順番はどうなる?

ブースターローション 画像

ブースターローションはもともと次に塗るアイテムの
浸透をよくする美容液です。
ですからブースターローションを使った直後の
美容液の浸透をアップさせ、化粧水などの浸透を
ベストな状態にしてくれます。
具体的にはどんな使い方をするのでしょうか?

 

実は肌質別に使い方が違ってくるのもブースターローションの
特徴の1つです。

 

 

乾燥肌の場合

 

乾燥肌でブースターローションを使う場合、水分をしっかり肌に与える
必要があります。
ですから最初に化粧水をたっぷりつけて浸透させ、その後
ブースターローションを使うと良いでしょう。次に美容液、
乳液の順番になります。
最後はクリームでしっかりフタをして蒸発を防ぎましょう。

 

乾燥が特に酷い場所にはブースターローションを重ね付けして、
化粧水をそのうえからもう一度重ねるようにすると
浸透力がアップし、しっとりした肌を保つことができます。

 

 

オイリー肌の場合

 

テカりやすいオイリー肌の場合、油分は少なめにしたいものです。
しかし、保湿をしなければもっとオイリー肌になるので、
保湿ケアはマストです。

 

オイリー肌の場合は最初にブースターローションを使いましょう。
そしてその後はいつものスキンケア通りにケアをします。
乳液どまりでよいかもしれませんが、クリームでしっかりフタをしても
オイリー肌を改善するために良い方法でもあります。

 

 

混合肌タイプ

 

乾燥しているところとオイリー肌部分がまじりあっている
混合肌タイプは、最も多い肌質と言われています。
口元や目元は乾燥しがちなのに、Tゾーンなどはテカる、
というよくあるパターンです。

 

この場合は最初にブースターローションを投入し、その後化粧水を
たっぷりつけて肌に馴染ませます。乾燥やオイリー肌は
水分が必要ですから、ブースターローションを使って
効果的に水分、化粧水を肌に届けるようにしましょう。

 

 

ブースターローションはクリーム、オイルの反対をする

ブースターローション 画像

 

ブースターローションの使い方や順番は肌質によって若干異なるものの、
クリームやオイルの反対側の作用があると言って良いでしょう。
つまりクリームでフタをするように、ブースターローションは
フタを開ける
役割をしてくれると言い換えることができます。

 

乾燥肌や敏感肌で悩んでいる、もしくは化粧品難民になっている
というような女性は、一度ブースターローションを試してみると
良いでしょう。
今まで使っていたアイテムがより自分にとって
適切なアイテムに変わるかもしれません。

 

ブースターローションを使って、水分をより多く補給し、
蒸発しないようしっかりフタをする、という
正しいスキンケアとなります。